トップページ > PlanDのきもち > 2013年1月のきもち

PlanDのきもち|株式会社PlanD|御社の業務のデジタル化のお手伝いを。システムと連携した業務フローの作成までお任せくださいデジタル チェックインカウンター|多国語対応MMK|ホテル予約システム連動KIOSK|アパレル向けオシャレPOS


■2013年1月のきもち

株式会社PlanDが、品川区大崎の地で開業したのは、偶然のことと私自身も思っていましたが、ある事実を知り、ここでなければならない理由があったのだと知ることになりました。
今から100年前の1912年に、ここ品川大崎の地からアメリカへ渡った3000余本の桜があったそうです。
日米友好の証として、今もワシントン市のポトマック河畔に毎年その花を咲かせていると聞きます。
私は、石川県の金沢市で生まれ、父の勤務先である茨城県日立市に転居しましたが、幼少の頃より郷土の名士高峰譲吉博士のことは、父母から聞かされ育ちました。昨年のある日、ふと見た映画で、高峰博士がアメリカに桜の花を咲かせることに、ご尽力されたことを知りました。
2007年2月に、新宿バルト9に「インターネット予約システムKINEZO」を企画開発させていただいてから、私には寝る間もない多忙の日々でした。
PlanDのスタッフが成長し、それまで映画館で映画をゆっくり観るなどなかった私に、もたらされた久々の機会でした。
2012年10月に、ホテル業向けのデジタルチェックインカウンターが完成し、長年の夢を実現させることができました。
日本で初めてのオートフロントシステムです。
KINEZOはお蔭さまで、多くのお客様に愛されるサービスに成長しました。ホテル業向けのこのサービスにも、お名前をつけてあげたいと、私は思ったのです。
このサービスの最初のお客様は、新宿ワシントンホテル様です。
ここ大崎のPlanDからワシントンホテル様へ嫁ぐのですから、「さくら」というお名前以外には考えられなくなりました。
海外からのお客様を、日本に来られて最初に寛ぎを求められるホテルで、チェックインのために並ばせず、ご自分の国の言葉でチェックインしていただけたなら、リピータのお客様にもっとスピーディなご対応ができたなら、という私の夢が、「さくら」という名前で実現します。
高峰博士の「さくら」が大崎から、ワシントンへ渡って100年という歳月がたっての年のことです。
このサービスの実現には、藤田観光株式会社の皆さまはじめ、日本電気株式会社様にたいへんお世話になりました。
東京都、品川区の皆さまにも、多くのご支援をいただき感謝しています。

「さくら」は、あらゆる決済が可能です。クレジットカードと電子マネーは、ベリトランス株式会社のリアル決済モジュールのご提供により実現しました。
ギンレンカードや、Suicaにもご契約により、対応いたします。

「さくら」は、電子レジストレーションシステムを実装しています。株式会社WACOMの電子署名モジュールのご提供により、顧客情報と署名画像を一元化してDB管理いたします。
クレジットカードご利用のお客様に、暗証番号だけではなく、ご署名による決済機能をご提供いたします。

次期システムとして、パスポートリーダ機能を搭載予定です。


>(2013年1月)

ページトップへ|株式会社PlanD|御社の業務のデジタル化のお手伝いを。システムと連携した業務フローの作成までお任せくださいデジタル チェックインカウンター|多国語対応MMK|ホテル予約システム連動KIOSK|アパレル向けオシャレPOS
q